仮想通貨のアレやコレ

仮想ライフ

ザイフ

ザイフ(Zaif)が仮想通貨取引所の事業をフィスコに譲渡することを発表!ユーザーがすべきことは?

投稿日:

ザイフ(Zaif)の事業がフィスコに譲渡されることが発表されました。

この度、テックビューロ株式会社(以下「弊社」といいます。)は、弊社と株式会社フィスコ仮想通貨取引所(以下「譲受人」といいます。)との間で締結された平成30年10月10日付事業譲渡契約に基づき、譲受人に対して、平成30年11月22日付で、弊社が営むZaif  Exchange及びZaif Instant Exchange(以下「Zaif」と総称します。)の事業(以下「Zaif事業」といいます。)を譲渡(以下「本件譲渡」といいます。)することにいたしました。

流出事件により三度に渡る業務改善命令を受けての決断ということで運営していたテックビューロ株式会社は仮想通貨交換業の登録を廃止する方向とのことです。

流出した仮想通貨の補填は?

流出してしまった仮想通貨に関しては新しく運営をする株式会社フィスコがビットコインとビットコインキャッシュを仮想通貨で補填、そしてモナコインに関しては約60%が仮想通貨、約40%が日本円での補填になることが決定しています。

事業譲渡に関してユーザーがやらなければいけないことは?

ザイフでアカウントを持っている人にはメールなどでお知らせが届いていると思いますが承継同意というものを11月22日までに行わななければいけません。

皆様に今後もZaifを継続してご利用いただけるよう、利用契約に係る契約上の地位並びに当該契約に基づき弊社がお客様から預かり受けた仮想通貨及び預り金の返還債務につきまして、譲受人に譲渡するための手続きに対してご承諾をいただく必要がございます。

弊社の都合で恐れ入りますが、弊社は、本件譲渡後、仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散の手続を行う予定ですので、Zaif事業に関するサービスを皆様にご提供できない可能性が高いと考えております。また、現在の弊社の財務状態に鑑みますと、本件譲渡を承諾されなかったお客様が、弊社に対して、弊社に預託している仮想通貨の返還請求その他の請求を行ったとしても、弊社がこれらの請求に対応できない可能性があることについてあらかじめご了承くださいませ。

承継同意のやり方

ザイフのトップ画面に移動しましょう。

すると【重要】Zaif事業譲渡に伴うお客様のご承諾のお願いの画面が表示されますので「手続きへ」を選択しましょう。

ログインするとZaif事業譲渡に伴うお客様のご承諾のお願いが表示されますので確認し、ご確認事項にチェックを入れ「異議なく承諾します」を選択しましょう。

この承諾に関しては「承諾しません」も選択することができるようになっています。

しかし承諾しないと保有している仮想通貨の返還要求やその他のサポートを受けることができない可能性が高いので引き続きザイフを利用しなくてはいけない人は承諾しておきましょう。

承諾すると移行完了になります。

ザイフの事業譲渡まとめ

コインチェックに続きザイフにも流出事件が起こってしまいこのような決断をすることになってしまいましたね。

まさかザイフまでという驚きでしたが記者会見などもせずこのまま仮想通貨交換業の登録を廃止してしまうのでその点は仮想通貨業界にとっては痛手になってしまうでしょう。

セキュリティがしっかりしていると謳っているその他の取引所に関してもいつこのような流出事件が起こってしまうか誰にもわからない状況ではありますのでユーザーの仮想通貨への信頼もおそらくは下がっていることと思われます。

自分が保有している仮想通貨はウォレットに移すなど自分自身でできることは済ませ、あらゆることに対応できるようにしておきましょう。

-ザイフ

Copyright© 仮想ライフ , 2019 AllRights Reserved.