仮想通貨のアレやコレ

仮想ライフ

SBIバーチャル・カレンシーズ

SBIバーチャル・カレンシーズの日本円入出金や通貨購入方法を詳しく解説

更新日:

2018年の7月17日よりついに一般の新規口座受付が始まったSBIバーチャル・カレンシーズ(VCTRADE)はSBIグループが運営する仮想通貨取引所です。

ここではSBIバーチャル・カレンシーズ(VCTRADE)の日本円の入出金方法から通貨の購入方法を解説していきます。

SBIバーチャル・カレンシーズの登録方法や基本情報について解説

SBIバーチャル・カレンシーズはSBIグループが運営する仮想通貨取引所です。金融関連の最大手とも言えるSBIがついに仮想通貨事業に参入してきました。 運営するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社は随 ...

続きを見る

SBIバーチャル・カレンシーズの入金方法

ではまずは入金方法からです。

ログインし上部メニューの「入出金」を選択します。

現在の入金方法はクイック入金のみで出金先も住信SBIネット銀行のみしか利用できないようになっています。手数料は無料です。

金額を入力し「次へ」を選択します。

次に「取引パスワード」を入力します。これはログインパスワードではないほうのパスワードです。

すると住信SBIネット銀行のログイン画面になりますので入金手続きを進めていきましょう。

以上で入金は完了です。

やはり住信SBIネット銀行からしか入金ができないというのは不便ですのでこの辺りは改善してもらいたいですね。

SBIバーチャル・カレンシーズの出金方法

次に出金方法です。先ほどの「入出金」の画面の「出金」を選択します。

次に出金先の銀行口座を登録しなければいけないので「銀行口座を登録する」を選択します。

口座情報を入力し「登録情報を確認する」を選択します。

出金に関しては住信SBIネット銀行以外の銀行も登録できるようになっています。しかし以下のように手数料が違っていますので一番お得なのは住信SBIネット銀行への出金になっています。

出金先金融機関 出金額3万円未満 出金額3万円以上
住信SBIネット銀行 51円(税込)
住信SBIネット銀行以外の銀行 165円(税込) 258円(税込)

口座情報に間違いがなければ「登録する」を選択します。

出金画面に戻ると登録した口座が表示されていますので出金金額を入力し「日本円を出金する」を選択します。

これで出金申請は完了です。

SBIバーチャル・カレンシーズでの仮想通貨購入方法

次に仮想通貨の購入方法について解説していきます。

SBIバーチャル・カレンシーズは現在では販売所購入方法になっています。(将来的に板注文ができる取引所のサービスも開始予定のようです。)

上部メニューの「取引」を選択します。

まずは通貨を選択しましょう。「銘柄選択」で他の通貨を表示、「チャート」で簡易なチャートを表示することができます。

通貨を選択したら注文箇所で「日本円の金額」「通貨の数量」を入力します。販売所では珍しく「成行」「価格指定」ができるようになっていますので選択し取引パスワードを入力し「コインを買う」で注文が通ります。

ちなみにあくまで目安ですがリップル(XRP)のスプレッドをGMOコインと比べてみた結果、SBIバーチャル・カレンシーズは1.4円、GMOコインは4円弱でしたのでやはりリップルを販売所で買うならSBIバーチャル・カレンシーズはおすすめですね。

SBIバーチャル・カレンシーズの日本円入出金や通貨購入方法

SBIバーチャル・カレンシーズの入出金や仮想通貨購入方法について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

2018年8月現在では非常に項目も少ないですが年内には新しいサービス「板取引を利用した取引所」「仮想通貨の入出金」「イーサリアム(ETH)の取り扱い」の3つが追加予定になっています。

不満が出ていた仮想通貨の入出金もいいですができれば入金をどこの口座からでもできるようにするつもりはないんでしょうか。

取引所が利用できればさらに安くリップルを買うことができるのでSBIバーチャル・カレンシーズ一択になるのではないでしょうか。

-SBIバーチャル・カレンシーズ

Copyright© 仮想ライフ , 2019 AllRights Reserved.