仮想通貨のアレやコレ

仮想ライフ

QUOINEX セキュリティ

機種変したらQUOINEXの2段階認証を再設定しよう!セルフィーが必要だぞ!

更新日:

仮想通貨取引所で「Google Authenticator」を使って2段階認証をしている場合に機種変をしたら新しい携帯にはデータを引き継ぐことができないので一旦解除して再設定を行わなければいけません。

大抵の取引所の場合はすぐにでも解除をし再設定を自分で行うことができるのですが、QUOINEXでは原則解除ができなくなっておりサポートにメッセージを送らなければいけないので多少時間がかかってしまうことになります。

ここでは機種変をした時のQUOINEXでの2段階認証の解除手順を説明していきます。

QUOINEXの2段階認証解除方法

まずはQUOINEXにログインをしたらメニューの「2段階認証」を選択するとセキュリティ画面になります。

ステータスが認証済みになっていると思いますので「以下にご連絡ください」のURLをクリックしましょう。

すると「リクエストを送信」の画面になりますので記入していきましょう。説明の欄には「機種変更をしたので2段階認証の解除をお願いします」という感じでいいでしょう。

忘れてはいけないのが添付ファイルに「メモ」と「IDセルフィー」を写真を張り付けなければいけないということです。これがQUOINEXで2段階認証解除をする際に面倒なところですね。

詳しく説明すると

1.メモ用紙を用意し「要請内容(今回は2段階認証の解除)」「氏名」「申請日」を記入しそれを撮影したものが一つ。

※イメージ

 

 

 

 

 

 

2.もう一つは先ほどの「メモ用紙」と「本人確認書類(以前提出したもの)」が一緒に移ったセルフィー画像を一つ。

※イメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり面倒にはなってしまいますがこの二つを添付ファイルに追加しなければ解除ができませんので必ず送るようにしましょう。

あとは送信すれば解除が完了したというメールが届きますので再びログインをし2段階認証の再設定を忘れないようにしておきましょう。

QUOINEXの2段階認証解除方法まとめ

ここではQUOINEXの2段階認証解除方法について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

他の取引所ではあまりないであろう写真の添付があるので面倒と感じてしまう人もいるのは間違いないでしょう。しかし面倒くさがってやらないでおくと後で困りますので忘れずにやるようにしましょう。

ちなみにこのQUOINEXと同じシステムを使っているという「みんなのビットコイン」に関しても同じようにサポートに問い合わせて解除してもらう手順なのですがこちらはセルフィーなどの画像は必要ありません。

-QUOINEX, セキュリティ
-

Copyright© 仮想ライフ , 2020 AllRights Reserved.