仮想通貨のアレやコレ

仮想ライフ

GMOコイン

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」の使い方を徹底解説!

投稿日:

GMOグループであるGMOコイン株式会社が運営するGMOコインは5週類の通貨を扱う仮想通貨取引所です。

GMOコインには現在「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」「GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君」の2つのアプリがあるのですがこのページでは「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」の使い方について解説してきます。

「GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君」の使い方に関してはこちらの記事をみてください。

GMOコインアプリ「ビットレ君」の詳しい使い方を解説

GMOグループであるGMOコイン株式会社が運営するGMOコインはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコイン キャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)の5種の通貨を扱っ ...

続きを見る

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」の使い方

まだアプリをインストールしていない人はこちらからどうぞ。

a
Google Play で手に入れよう

アプリを起動したらログイン画面になりますので、まだGMOコインのアカウントをまだ作っていないという人はこちら記事を参考にしてください。

GMOコインの登録方法を画像付きで詳しく解説!

GMOと言えば1995年以来様々なインターネット関連のサービスを展開している東証一部上場の大企業ですね。 以前から投資をしているという人は「GMOクリック証券」にお世話になっている人もいるのではないで ...

続きを見る

利用規約を読みログインしたらこのようなホーム画面になります。

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」での通貨購入方法

画面を下にスクローしていくとチャートの画面や通貨が表示されます。

ここで通貨をタップするとその通貨のチャートになりますので注文をしたければ通貨を選択し状態で「○○を購入・売却する」をタップします。

すると注文画面になります。ここでも通貨の箇所をタップすることで変更することも可能なっています。通貨が決まったら「金額指定」「数量指定」を選び数値を入力すると金額が表示されますので「売却」「購入」を選択します。

あとは画面に指示に従って「確定」をタップして注文完了です。

ちなみにこのアプリは現物取引専門のアプリになっています。FX取引がしたい人はもう一つの「GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君」というアプリを使うようにしましょう。

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」でのチャートの見方

次にチャートの見方を解説します。先ほどのホームが画面でも簡易的なチャート見ることができましたがもうちょっと詳細なチャートを見る場合には注文画面から行くことができます。

注文画面の右上にある「チャート」をタップします。

すると大画面のチャートが表示されます。「チャート設定」をタップすればテクニカル指標も追加することができるようになっています。

またiPhoneを使っている人はウィジェット画面に表示させることもできるようになっていますので便利になっています。

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」のその他の機能

その他の機能としては左上のメニューアイコンから日本円の入出金や仮想通貨の預入や送付もこのアプリでできるようになっています。

ここで「仮想通貨FX」の項目が存在しますがこのアプリでFX取引ができるわけではなくタップすると「GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君」というFX専用のアプリに飛ばされるようになっています。

FX取引もやっているという人はそちらもインストールしておきましょう。

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」の使い方まとめ

ここでは「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」というアプリについて解説してきましたがいかがだったでしょうか?

PC画面などとさほど変わらない表示になっているのですでにPCで取引を行っていたとという人には使いやすかったのではないでしょうか?

GMOコインでは以前までFX専用のアプリしかリリースされていませんでしたし2018年の5月30日まではFX取引できるのがビットコインのみだったので(現在はすべての通貨でFX取引可能)正直言ってアプリを使う必要性は非常に低かったという状況でした。

しかしこのアプリがリリースされほぼすべての機能をアプリで利用できることになったのでこれからはアプリで取引する人は非常に増えていくでしょう。

-GMOコイン
-

Copyright© 仮想ライフ , 2020 AllRights Reserved.