仮想通貨のアレやコレ

仮想ライフ

セキュリティ

機種変したら仮想通貨取引所の二段階認証を再設定するのを忘れずに!

更新日:

ドル男くん
ビットくん!スマホを機種変したら取引所にログインできなくなったんだけど!
ビットくん
もしかして前の機種で二段階認証を解除してないんじゃない?
ドル男くん
え?もちろん解除してないけど?
ビットくん
実は二段階認証に使うアプリ「Google Authenticator 」は新しいスマホにバックアップできないんだ。前の機種はまだ持ってる?
ドル男くん
まだ持ってるよ!
ビットくん
じゃあスマホを機種変した時の二段階認証の再設定方法を解説するね

みなさん仮想通貨の取引所に登録したら二段階認証をしますよね?セキュリティのためにも必ず設定しておいたほうが良いのですが多くの人は認証アプリを使って設定しているのではないでしょうか?

認証アプリはいくつかありますが「Google Authenticator 」を使っている人がきっと多いはずです。

実は新しいスマホに機種変しバックアップを復元したとしてもこの「Google Authenticator 」のデータは復元されません。

つまり新しいスマホでは二段階認証のコードが取得できずログインをすることができなくなってしまいますのでそんなことにならないように機種変する前にやらなくてはならないことを説明していきますね。

古い端末で2段階認証を解除しておく

ではどうすればいいのかというと機種変前のスマホで取引所にログインをして二段階認証を解除し、新しい端末の「Google Authenticator 」でもう一度二段階認証をやり直さなければいけません。

非常に面倒な作業ですが「Google Authenticator 」で二段階認証を設定している場合は今のところこれしか方法がないようです。

ということは機種変する前のスマホが手元になければいけないということになりますのですでに解約して売ってしまったという人は各取引所のサポートに問い合わせるしかなさそうです。

ですので機種変をしようかなと思ったら必ず「二段階認証を設定し直さなくちゃ!」と思い出すようにしましょう。

二段階認証の解除方法

ではここからは二段階認証の解除方法をビットフライヤーの画面で説明していきます。

まずは左側の「設定」から「セキュリティ設定」を選択します。

「二段階認証設定を変更する」を選択します。

旧端末の「Google Authenticator 」を起動し確認コードを入力し「次へ」を選択します。

すると「確認コードの取得方法」を選択できるのでここで認証アプリ以外の「携帯電話のSMSで受け取る」か「メールで受け取る」を選択します。今回はメールを選択しました。

ビットフライヤーでは一度アプリ以外での認証にしてから新しい端末で再びアプリ認証を設定していく手順になります。

次に進むとメールアドレスに確認コードが届きますので入力します。

次に暗証番号を設定するとログイン画面に戻りますのでメールアドレス認証でログインします。

ログインをすると暗証番号の設定画面になります。これはメールアドレスで認証する場合には必要なので設定します。電話番号での認証は試していませんがそちらなら暗証番号を設定しなくてもよいかもしれません。

これで一旦アプリ認証が解除されている状態ですのでここから新しい端末で再びアプリ認証を設定していきます。

先ほどと同じように二段階認証設定画面に進んでいき「認証アプリを使う」を選択して進みます。

あとは最初にアプリ認証を設定した手順で新しい端末の「Google Authenticator 」でコードを発行していきます。一応赤枠のアカウントキーの保存しておきましょう。

設定が完了したらログアウトし新しい端末の「Google Authenticator 」でログインできるか確認しておきましょう。

ビットフライヤーの場合は一度アプリ以外の認証方法に切り替えてから再設定を行う手順でしたが取引所によってはワンクリックで解除でき再設定できるところや面倒な作業が必要になってくるところもあります。

「Authy」ではバックアップができる

認証アプリには「Google Authenticator 」のほかに「Authy」があるのですがこのアプリでは認証コードがクラウド上に保存されるようなので機種変をした場合でも面倒な作業がなく新しいスマホで二段階認証を行うことができるようになっています。

ですのでこのアプリをできるだけ使うようにするという手もあるのですが取引所によっては「Authy」が使えなく「Google Authenticator 」のみしか使うことができなくなっているところもあります。(海外の取引所や一部の国内取引所)

そういった取引所を使う場合には認証アプリが2つになってしまうという煩わしさが発生してしまうということも頭に入れ認証アプリを選ぶようにしましょう。

すでに前の端末が手元にない場合

二段階認証のことが頭になく前の端末がもう手元にないという人もいるかもしません。

そうなると一旦ログインはできなくなってしまいますので取引所に問い合わせをし一度二段階認証を解除してもらう手続きをするし方法しかありません。それぞれのホームページの問い合わせフォームから事情を説明しましょう。

無事解除が完了すれば認証コードがなくてもログインが可能になりますので再度二段階認証を設定し直しましょう。

ただこれが海外の取引所となるとなかなか難しいかもしれません。前の端末がある状態ならすんなり二段階認証の再設定ができたのですがない場合は英語で問い合わせをするしかないようです。

まとめ

このページではスマホの機種変の際に必要になってくる二段階認証の再設定方法について説明しました。

取引所に資産は預けているけどほとんどログインもしなくなったなんて人は機種変をした後に久しぶりにログインしようと思ったらできなかった!なんてこともあり得るので注意しなければいけません。

取引所いくつも開設しているという人は結構面倒な作業にはなってしまうのですがサポートに問い合わせなければいけないとなるとさらに手間と時間がかかってしまうので忘れずに再設定をしなければいけないということを頭に入れておきましょう。

-セキュリティ
-

Copyright© 仮想ライフ , 2020 AllRights Reserved.