仮想通貨のアレやコレ

仮想ライフ

コインエクスチェンジ セキュリティ

機種変したらcoinexchangeの二段階認証を解除し再設定を忘れずに!英語がわからなくても大丈夫!

更新日:

多くの草コインを扱っていることでも有名なCoinExchangeで二段階認証を行う場合は「Google Authenticator」を使っていると思いますがこのアプリは機種変した際にデータを引き継ぐことができない仕様になっています。

なので新しい端末で二段階認証の再設定を行らなければいけません。

ここではCoinExchangeでの二段階認証の再設定方法を解説していきます。

CoinExchangeの二段階認証の再設定方法

まずトップページ右上からログインしましょう。

ログインしたら右上の「MY ACCOUNT」から「Settings」を選択します。

次の画面の「Manage Google Authenticator」を選択します。その下の「Lock Account」はアカウントがロックされてしまうので絶対に触らないようにしましょう。

「Enter Authentication Code」の箇所に古い機種の「Google Authenticator」コードを入れ「Remove Google Authenticator」を選択します。

すると「Google認証システムのログインセキュリティがアカウントから削除されました」と表示されますのでこれで2段階認証は解除されました。

解除が完了したら新しい端末の「Google Authenticator」でコードを生成していきます。

先ほどと同じ手順で「Manage Google Authenticator」を選択すると一回目に設定したのと同じようにQRコードが表示されますのでカメラを起動し読み取りましょう。

「Google Secret」の箇所のパスワードは一応コピーして保存しておきましょう。

あとはコードを生成し「Enter Authentication Code」の箇所に入力し「Confirm Google Authenticator Activation」を選択しこの画面が表示されたら成功です。

これで古い端末のコードは使えなくなりましたので新しい端末のアプリでログインできるか試してみましょう。

CoinExchangeの二段階認証の再設定方法まとめ

今回はCoinExchangeでの二段階認証再設定方法を解説してきました。

完全英語の海外サイトなので難しいと思っていましたがkucoinのようの結構すんなりと再設定を行うことができたのでは意外でした。

とはいえ操作ミスなどをしてしまうと英語でサポートに問い合わせるしかありませんので慎重に解除と再設定を行うようにしましょう。

-コインエクスチェンジ, セキュリティ
-

Copyright© 仮想ライフ , 2020 AllRights Reserved.