仮想通貨のアレやコレ

仮想ライフ

ビットポイント

ビットポイント(BITPoint)アプリ「BITPoint Lite」の使い方を徹底解説

更新日:

ビットポイントは「仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00009号」にもしっかり登録されている仮想通貨取引所です。

東京証券取引所第二部に上場している株式会社リミックスポイントの子会社である株式会社ビットポイントジャパンが運営しビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)など5種類を扱っています。

レバレッジ取引は25倍まで可能でMetaTrader4(メタトレーダー4)も使うことができるようになっています。

このページではビットポイントのアプリの使い方について解説していきます。

まだビットポイントのアカウントを作っていないという人はこちらの記事を参考にしてください。

ビットポイント(BITPoint)の登録方法を解説!メタトレーダー4を使うことができるぞ!

ビットポイント(BITPoint)は東京証券取引所第二部に上場している株式会社リミックスポイントの子会社である株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。 2016年の3月から運営し「 ...

続きを見る

ビットポイント(BITPoint)にはアプリが3種類ある

まずアプリをインストールしなければいけないのですがビットポイントにはアプリが3種類存在します。

まず一つ目は「BITPoint Lite」というアプリでこれはいわゆる売買などを行うことができる他の取引所にもあるようなアプリになっています。

もう一つは「BITPointWallet」というアプリでこれはその名の通りウォレット機能のアプリでこちらでは売買などを行うことができません。

そして三つめは「BITPointPay」というアプリです。このアプリは店舗決済用になっています。

この二3のアプリはアイコンも非常に似ていますので間違えないようにしましょう。

今回使い方を解説していくのは売買などを行うことができる「BITPoint Lite」になります。ダウンロードはこちらからどうぞ。

a
Google Play で手に入れよう

ちなみにAndroid版はこの時点ではリリースされていませんでした。(2018年5月)

2018年6月6日にAndroid版もリリースされました。

ビットポイント(BITPoint)アプリの使い方

アプリを起動したらまずはログインをします。左上のメニューアイコンから「ログイン」を選択します。

ログインが完了するとトップページに移動しチャートが表示されるようになっています。下のほうに通貨が表示されていますのでタップすればその通貨のチャートが表示されます。

赤枠の箇所でラインかローソク足、時間の設定を変更できます。

あとは下部の「購入」をタップすれば注文画面が表示されますので購入数を入力し日本円金額を確認したら「取引暗証番号」を入力し「注文」を選択しましょう。取引暗証番号とはログインパスワードではなく注文の際に必要な4桁の番号になります。なお注文タイプは成行のみになっているようです。

ビットポイント(BITPoint)アプリその他の機能

その他の機能としては左上のメニュー画面から「資産サマリー」「取引履歴」などを見ることができるようになっています。

また「設定」「画面ロック設定」からはパスコード認証を設定することができるようになっていますのでセキュリティを強化したい人は設定しておきましょう。

ビットポイント(BITPoint)アプリの使い方まとめ

このページではビットポイント(BITPoint)アプリの使い方を解説してきましたがいかがだったでしょうか?

非常にシンプルなチャートと注文画面でコインチェックのアプリに似ている作りになっていましたね。

ただこのアプリからは入金や出金ができないようになっていますので売買に特化しているアプリになっていますので使おうと思っている人は注意しましょう。

-ビットポイント
-

Copyright© 仮想ライフ , 2020 AllRights Reserved.